lulu

【shell】-xオプションの使い方 - どこまで実行したかを表示する

-xオプション

シェルスクリプトの実行時、現在、どこまで実行したかを標準出力に表示する

どんなときに使うか

  • 時間のかかるスクリプトの実行時
  • CIなどで実行する際に、ログを出したい時 など

#/bin/bash

TEST1="aaa"

echo $TEST1

TEST2="bbb"

echo $TEST2

TEST3="ccc"

echo $TEST3

x オプションなし

$ bash test.sh 
aaa
bbb
ccc

x オプションあり

$ bash -x test.sh
+ TEST1=aaa
+ echo aaa
aaa
+ TEST2=bbb
+ echo bbb
bbb
+ TEST3=ccc
+ echo ccc
ccc